土地活用の種類

  • TOP
  • 土地活用の種類

まざまな土地活用の種類

株式会社は、福岡で地域密着型の総合建設業として、創業70年以上の実績と経験に基づき、お客様の資産を最大限活かせる土地活用の方法をご提案しております。

広さ・場所・形状などによって、土地を有効に活用できる方法は異なります。ここでは、さまざまな土地活用の種類について解説します。

パート経営

アパート経営

いわゆる「大家さん」となって不動産を活用するアパート経営は、土地活用の王道とも言えます。アパートの家賃は景気の影響を受けにくいため、長期的に安定した収入が見込めるでしょう。また、相続税や住民税、固定資産税などの税金を大幅に節税できるというメリットもあります。

また、アパート経営を始める際には「団体信用保険」に加入することになるため、これを生命保険の代わりとして子世代に引き継ぐことが可能です。

アパートを建築するときの費用が高額であること、また空き家対策や定期的な修繕が必要になるといった負担がありますが、これは信頼できる管理会社に相談・委託することでスムーズに解決できる可能性があります。

ンション経営

マンション経営

マンション経営はアパート経営と比べて規模が大きくなるぶん、収益率もアップします。ただし、初期費用や維持費用もこれに比例して高くなるでしょう。人通りがかなり多い市街地に土地をお持ちの方におすすめです。

こちらもアパート経営と同じく、長期的な不労収入や節税対策が見込めますが、アパートより部屋数が多いぶん、集客のための広告宣伝費や空室管理も費用が多くかかります。

貸併用住宅

賃貸併用住宅

賃貸併用住宅とは、ひとつの建物を「大家さんの自宅」と「賃貸用の部屋」とに分けて貸し出す方法です。新しく住み替えを検討している方や、家賃収入を望む方におすすめです。こちらも、相続税や固定資産税などの節税対策を見込むことができます。

また、賃貸経営の場合は不動産投資ローンを借り入れる必要がありますが、自宅が建物の51パーセント以上を占める場合、住宅ローンの借り入れが可能になります。住宅ローンなら、不動産投資ローンよりも低い金利で借り入れることが可能です。

建賃貸

戸建賃貸

相続税対策として賃貸経営をしたいが、アパートやマンション経営ほど資金を叩きたくないという方には、戸建賃貸がおすすめです。「戸建てに住みたい」と考える人はたくさんいても、実際に一軒家を建てられる土地の数は限られているため、需要過多にあります。

集合住宅と異なり、入居者が一世帯見つからなければ収入はゼロとなるため、できるだけ空室の状態をつくらないように経営することが必要です。

車場経営

駐車場経営

土地が郊外にある場合は月極駐車場に、駅近であればコインパーキングにするという活用方法もあります。

コインパーキング経営の場合、ロック板や精算機の設置が必要になるため初期投資が100万円ほど必要となりますが、すぐに始めることができます。他の土地活用に転用したい場合も撤去はかんたんで、月極駐車場で問題になる契約関係のリスクもなく、月極に比べ利回りも良いといえるのでおすすめです。

舗経営

店舗経営

自身で何かしらの店舗を経営する、またはお店を建築して貸し出す方法があります。ビジネス感覚に自信のある方は、自分で店舗を経営して利益をあげることができるでしょう。たとえば、コンビニ、コインランドリーなどは個人経営に向いています。

貸し出す場合、老人ホームや保育園といった施設を建設すれば助成金や補助金を受けることができるうえ、これらの施設は長い期間の経営が見込めるでしょう。

また、売電収入を得ることができる太陽光発電システムを設置したり、トランクルームを経営したりといった方法もあります。

土地活用に関するご質問やご相談は、下記バナーよりお問い合わせください。オーナー様の実際の条件でのシミュレーションも承っておりますので、お気軽にご連絡ください。