駐車場経営がうまくいかない方へ

  • TOP
  • 駐車場経営がうまくいかない方へ

「駐車場経営がうまくいかない」とお悩みの方へ

駐車場経営がうまくいかずお困りのオーナー様へ、有効な土地活用のアドバイスをご案内しています。福岡で創業70年の地元密着型企業である「株式会社」では、現在ある駐車場を活かした投資手法をご提案しています。

集客のためにやむなく価格を下げることも検討されるかもしれませんが、それでは収入も同時に下がってしまうため、最適な方法とはいえません。ここでは、今ある土地を活かすための4つのポイントをご紹介します。

安易に値下げをしない

易に値下げをしない

駐車場の収入源は駐車料金です。設定金額次第で「儲かるか・儲からないか」が決まります。料金を下げることで駐車時間を増やして儲けるか、料金を引き上げて1台当りの利用料金を増やして儲けるかなど、経営方針は異なります。つまり、駐車場経営がうまくいかない場合、「値下げ=改善方法」であるとは言いきれないのです。

たとえば単位時間あたりの料金設定を調整することで、利用者が同じであっても収益を増やすことができます。月極駐車場やコインパーキングなど、形態ごとに異なる料金設定のコツや経営方針は、経験豊富な弊社までお気軽にご相談ください。

駐車ニーズが見込める立地で始める

車ニーズが見込める立地で始める

月極駐車場やコインパーキングなどの駐車場経営は、立地が非常に重要です。

まず、月極駐車場に向いているのは「住宅地」や「会社・工場」周辺です。ほぼ毎日、近くに車をを停める場所を求める方が多い場所なので、長期契約によって安定した収入を得ることができます。ただし、地方の場合は駐車場自体の需要が低いことも考えられるため、見極めが必要です。

次に、コインパーキングに向いているのは「商業施設」や「観光施設」周辺です。「一時的に車を停める場所が欲しい」という方が多いため、このような車でのアクセスが集中するエリアでは稼働率も良いでしょう。ただし、ライバルも多いので値下げ合戦には注意が必要です。また、立地さえ良ければ狭小地や変形地でも需要が望めます。

複雑な形状の土地は活用方法を工夫する

雑な形状の土地は活用方法を工夫する

駐車場経営は最低2~3台の駐車スペースがあればスタートできますが、「車を駐車しやすいかどうか」という点も重要です。立地が良くても車を停めにくい場合、思っていたほど利用者が集まらないケースがあります。その際、車庫数を無理に詰め込まず、停めやすい駐車場へ変更するだけで収益が増加することもあります。

弊社では、複雑な形状の駐車場配置のご提案から施工までの総合サポートをご提供しています。また、駐車場活用が厳しい場合には「駐輪場」としての活用モデルもご用意しております。各自治体による放置自転車対策に伴い、今後は駐輪場の需要も増えてくることが予測されています。駐車場としての立地や形状のご相談、駐輪場への活用など、経験と実績に基づいた土地活用のご提案は弊社までお任せください。

ほかの土地活用を併用し、収益性をアップ

かの土地活用を併用し、収益性をアップ

土地活用の収益性だけで投資を検討した場合、駐車場経営は利用単価が低めです。また、駐車スペースだけではなく車の通路や精算機を設置するスペースが必要であるため、土地の利用効率もあまり良くありません。よって、「できるかぎりたくさんの利益を得たい」という方にはあまり向いていない土地活用方法といえます。

株式会社では、駐車場経営に加え「テナント賃貸」で相乗効果を狙える新しい土地活用の方法を「へいせい土地活用システム」をご提案しております。初期テナント誘致保証により、「建てたはいいが、入居者が決まらない」という心配もありません。オーナー様による最大限の不動産投資効果に向けたご提案とサポートが可能です。

駐車場経営は、土地活用の中でも初期費用が少ないため気軽に始める方が多い方法ですが、収益がほとんど見込めないケースも多く聞かれます。

株式会社では、お客様の駐車場経営からより多くの収益が見込める「へいせい土地活用システム」をご用意しております。オーナー様の現在の駐車場運営状況をお伺いし、最適なご提案をさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

PICK UP!! 駐車場経営は副業・副収入稼ぎに向いている?

駐車場経営は、ローリターンではあるもののローコストな土地活用方法として、副業・副収入稼ぎとして始められる方も珍しくありません。
ここでは、そういった方々に駐車場経営という方法が選ばれる理由と、よりお勧めの活用方法をご紹介します。

まず、副業・副収入を得るために始める場合、初期投資が少なく、リスクが少ないことが条件として挙げられるでしょう。
月極駐車場かコインパーキングかにもよりますが、駐車場経営は土地さえあれば、基本的には約100万円程度の初期費用で済むことが多いです。
アパートやマンション経営の場合、初期費用だけで数千万円以上かかるので、初期費用が抑えられる点は大きなメリットといえるでしょう。

また、住居のように清掃やご近所トラブルなど、管理にかかる手間が少ないのもメリットといえるでしょう。
反面、利益が単価が安いので利益が少なく、建物がないため税金も更地と同様に掛かるなどのデメリットもあります。
不動産投資をメインの収入ではなく、副業・副収入として考えるのであれば、リスクも少なくベストな選択の一つといえます。

更に、へいせいでは駐車場経営に加え「テナント賃貸」で相乗効果を狙える「へいせい土地活用システム」をご提案しています。
「一括借り上げ」で土地を一括して借り上げることで、初期投資も¥0で始めることができるので、リスクも最小限に抑えることが出来ます。
これから土地活用を考えている方は勿論、いま駐車場経営をしていて上手くいってないという方も、まずは土地活用のプロであるへいせいにご相談ください。